ソーシャルネットワーキング

1-言葉, 13-特集 ブログ記述日時 2004年12月31日金 , 11:13

ソーシャルネットワーキングについて、某氏の疑問に自分なりに答えてみることにした。
でもそれだけではなんなので、その前に「なんでソーシャルネットワーキング?」と言うことについても考える。

まず、この前某所で同じようなこと書いた気がしないでもないが、理性を持つ人間の本能としてと言う方向からの見解をまた書くことにする。コピペに近いので関係ない部分もあるけどその辺はご愛嬌で。

人生は常に遠回り。人生は、生まれてから死ぬまでの過程で、その間はほんの一歩で辿り着けてしまう。しかしそれをわざわざ遠回りで生きようとする。それが人間であり生物。

動物は生きるために生きていて、ただ命を繋げることが全て。しかし人間の場合はそこに理性が入り込み、別の意味を持ってくる。
何かを残すことであったり、特有の欲求を満たすことであったり、限界を見ることであったり。
でも結局は、自分の命を繋げて広げると言うことが本能の根本にあるから、命を、子孫を残すこと以外に、存在という形で残そうという意志を無意識に持っている。それで人は、何かを作り出して残したり、人の心の中に自分の足跡(像)を作ることで自分という存在を残そうとする。
そういった意志が人によって、奇抜な格好をすることになったり、栄誉や名声を受けることになったり、知り合いを沢山作り人と人を繋げることになったりするのかもしれない。

この考えでソーシャルネットワーキングは、本能であり自然な流れなのだと思う。

このソーシャルネットワーキングが出てくる前から日本では、出会い系と言う少々後ろめたい目的のサービスができあがっていた。よく「体裁の良い出会い系だ」と言う声を聞くが、実はソーシャルネットワーキングはアメリカ発祥のものなので流れとしては別物であるし目的そのものが違う。しかし単純な人脈作りの先に、黒っぽいビジネスや色恋事が見え隠れしているのも人間味があって良いのかもしれないなとも思う。利用者の中には明らかに勘違いしている人も少なくないが・・・。

そして某氏の疑問「人脈を作るのに閉塞されたネットワークって矛盾じゃない?」について。これは多分、そのまま素直に考えて上記のようなことが関わっているんだろうと思う。
ネットである以上避けられないのが、匿名性の高さから出る問題。例えば何もない更地のままでこのサービスを行ってしまったらどうなるか。自由勝手に登録でき、人の情報や繋がりも自由に見られ、好きなように書き込める・・・これがどういうことか、ネットを多少でも知っている人なら察しがつくだろう。分からない人は、社会の縮図と言われている2ちゃんねるを想像してくれれば良い。

こういった問題を越えるための会員制であり、紹介制なのだろう。
そしてこの紹介制は都合の良い副産物を生む。「既に登録している人からの紹介でないと利用できない」と言う閉塞性で、心理的に「利用してみたい」「紹介して欲しい」と思わせることができる。最低でも自分の周りではこういったサイトの話が出ると「紹介して欲しい」と言う意見がほとんどだ。そして加入者が芋づるのように増加する。金儲けに繋がるかどうかはその先だが、サービスとしては成功だろう。

これまでいくつかのソーシャルネットワーキングサイトを利用したことがあるが、正直自分には合わないなぁと言う感想が多かった。その中で1番気に入ったのがmixiだ。あのシンプルさが自分には合う気がする。シンプルだからこそ広がりがあり可能性も高い。
他のサイトは面倒すぎたり、閉塞感が高すぎたり、人間の悪い部分が見えすぎたり。もちろんmixiでもそういったことはあるが、感じる量が比ではない。特にポイント制を採用しているサイトは見た瞬間に拒絶的な感覚を覚えた。
だからmixi以外はほとんど放置に近い。

mixiを利用していて、問題点もいくつか見える。大きな物で言えば、紹介制であっても上記のような問題は防ぎきれないということ。1人で複数のIDを持ったり、荒らしたり、目的を勘違いして他人に不快感を与えたり、と言う人もちょくちょく見る。これは実際に人の手で取り締まる他ないだろう。どこまで監視の目を厳しくするかがサービス提供者の腕の見せ所か。


最近、ビジネスにも人間性が重視されつつある。そしてコネクションは古くからかなり重要だ。そこへネットの普及が加わり、人脈作りにネットサービスを使うという考えが出てきた。このソーシャルネットワーキングサービスで良い結果を得られた人も多い。元々ビジネスの目的が主なので某所のような企業参加の機能も正当進化かもしれない。でもどうしても人間の悪い部分が見えてしまって、やはり自分には合わない・・・。

否定的で良くないけど自分の場合では、ソーシャルネットワーキングサービスを使わずにできた繋がりの方が、実は数も多く濃くて太い。友達少ないけどね。
もう一つ蛇足だけど、「ソーシャル」と言ったら環境や福祉などの社会的な物を指すのだそうだ。・・うーん。

このサービスをどうすれば金儲けに繋げられるか、とか色々話もあるけど長くなり過ぎなのでこの辺で終わり。

CLEVER 絵 01

ブログ COMMENT コメント

tabahiko : 2006年12月19日, 06:59

はじめまして。昨日自分はブログを始めたばかりなのですが、もしよかったら私のブログに遊びに来て下さい。よろしくお願いします。http://blog.livedoor.jp/tabahiko/

YuKiNKO : 2006年12月19日, 14:46

そんなことより、感想書いてくれませんか^^


ブログ COMMENT コメントを書く

      


     
CLEVER 絵 03
YuKiNKO 絵 01

TRACKBACK LIST

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yukinko.org/mt-tb.cgi/87

YuKiNKO 絵 03
YuKiNKO 絵 01

all visitor : count

YuKiNKO [CLEVER] RSS

Banner :
YuKiNKO [CLEVER]

YuKiNKO 絵 03

写真とかCGを載せるYuKiNKOのブログ「CLEVER」make Your Style. keep Your Style. Your World will Be there. Dream Comes True.主に日記とコラムで写真も。