タグ「プロダクト」が付けられているもの

まず前提として、デザインとはなんなのかというところがあるんですが、そこは今回細かく考えずに、広義のデザインとだけ決めておきます。


自説ですが、情報とデザインの関係とは
情報ありきのデザインでもなく、デザインありきの情報でもない、一体のものであり、その塊を、例えばWebという入れ物に詰める作業がクリエイティブではないかと。

デジタルのプロダクトもリアルのプロダクトも要素を紐解いてみると、実は非常に似た部分があったり、比べることで色んなことに気づいたりするのですが

例えばボールペン
ボールペンにおける情報とは、まずインク、ガワ
これらに何を使っていてどういう良さがあってどう使いやすいのか、といった部分
デザインとは、素材・形・仕組み
何を使っていて、どういう良さがあってどう使いやすいのか

今の説明で分かったかと思いますが、実は部品か性質か、と視点が違うだけで中身は同じなんです。
Webでもそれは言えることで、情報とデザインの境界は曖昧になってきています。というより、デザイン自体も情報そのものに含まれると言えるかもしれません。

一般的には、情報(コンテンツ)があってそれを乗せるデザインがある、という認識だと思いますが、実はそうではなくて、本来、情報とデザインは分離すべきではないんじゃないか、と。

そもそもWebにおいて、デザインのない情報がユーザに対してどれだけ力を持っているか、大いに疑問で、情報のみを見た場合は、その情報に価値はあるのかもしれないですが
ユーザに対する力の大きさを見た場合、ほとんどのものは非常に非力に感じます。

それに加え、情報やデザインだけでなく、サイトやサービスも色んなものと因果関係・相互関係を持っており、単体では語れないものがほとんどです。

何かの要素が、そのもの単体で成り立つことはほぼなく、他の要素があって初めて存在意義を得られます。
ボールペンにとっては、ノートのようないわゆる紙が必要です。書く道具と書く対象があって初めて筆記が成り立ちます。

1つだけに絞ってしまったり、周辺を考慮せずに進めてしまうことは避けなければなりません。
ものを作ると言うことは、周辺の様々なことを知り、周辺のものと一体であるという前提のもと進めるべきであると思います。
周辺の条件を考えずに作るという行動は
紙がどういうものか、人の手がどういうものか全く調べずにボールペンを作ることと同義です。

以上の他にも、Web以外のものから学べることは沢山あり、そういったところから、Webや作り手のあり方が見えてくるかもしれません。

1