タグ「メモ」が付けられているもの

手帳とデジタル機器の話

紙へのメモは非常に気軽でやりやすいけど、仕事柄、確実に後でデジタル化することを考えるとモバイルで入力してしまった方が高効率。

閲覧・参照に関しては、きっと誰もが思うように、アナログはデジタルに勝てない。

個人的な意見だけど、要はデジタルでの情報管理に、図や線などの手書き入力が迅速かつ楽に出来て、紙へのアウトプットも少ない手順でできる仕組みがあれば完璧。

情報は1つにまとめた方が色々幸せになれる。

マーケティングに関して、これも1年以上前のメモに書いてあったもの。
説明を書くと色々まずい部分もあるので、割愛。

需要はコアからマスへさかのぼり、マスに対するリコメンドで創出が可能。
創出した需要に対するマーケティングは逆に、マスからニッチへ絞りながら、シンプルな構造で出来るだけ幅広くカバーできるプランを探す。

そば屋→自家製手打ち麺→売上げが上がらない→めん自体がダメ?客層が合わない?・・・etc
外食の場合、その時々で店を自由に選べる→入店~会計までの流れが決まっているから安心→少しの差で明暗
Webは多少難があっても、一度慣れてしまうと変えづらい→流れが確立されていないものが多い(新しい機能が増えたり変化したりという面も)→セオリーを見つける・作るか、プロモーション次第

人は真実を知りたがっている。

ごめんなさいよりありがとうを言う方が喜ばれる。


IBM PC~ :オープンスタンダード(ハード)
 ↓
Web,Web2.0~ :オープンソース(ソフト、コンテンツ)CGM
 ↓
サービス、エクスペリエンス、クリエイティブがオープンに

扱う人の規模が広がっている。
DB資産の蓄積。


以下サービス案(一部)

動的なディスプレイ(画面)で宣伝
トレーニングアドバイス
話の合う人を探してる→日記やコラムを匿名で流し、合いそうな人にコンタクトを取る
就活カレンダー
mixiのイベント情報を地図に表示
企画アリナシ判断
エココンサル
植林代行
好きなメーカ・ブランドの情報を勝手に収集→整理して表示
貸会議室は高いので、ミーティングスペースとして安く使える場所の紹介
同業DB(特定ジャンルの業者を集め、詳細に紹介する→業者同士・業者と客の交流機能)

デザイン関連とマーケティング関連の、1年以上前のメモを発掘したので、まとめてブログに投稿。まずはデザインから。

Webデザインに関する自分メモまとめ1

(囲われてる文字がメモの内容で、その下が軽い説明)

ペルソナ(ユーザのプロフィール)を明確に設定

先述の「感覚によらない~」に近い内容ですが、ユーザのプロフィールを明確に設定し、その心理を想像する、というやり方もあるなぁと。デザインだけでなく他にも色々言えることですが。

全てをカバーすることは不可能ですが、ある程度近い部分まで想像することは可能になるし、簡単にもなるのではないかと。

考え得るユーザのプロフィールをまとめ、ペルソナとして束ねる、その束をいくつか用意し、想定しながら評価を行う、といった感じでしょうか。

エアロダイナミクスのような自然の法則に沿った、強引ではなく流れる感じで見せられるデザイン

自動車等でよく言われる「エアロダイナミクス」
空力・低抵抗・ダウンフォース等の様々な要素を1つのフォルムでまかなう。全ての要素で可能な限り最大限に生かすラインを見つける。

非常に洗練されたデザインかつ素晴らしい作業ですが、これはWebデザインにも十分応用可能な考えです。

求めるものは、メモの文面通り。

検索を意識させない検索UI

検索を意識した時点で、その作業は能動的になる、と考えたメモです。

どんなに洗練された機能・デザインでも、検索を必要とする内容の場合、検索をユーザに意識させた時点で、ある程度の「手間」や「ストレス」は感じてしまうものです。

ですが逆に、検索を意識させないように、システム側の機能としてのみ検索を行い、結果をユーザに見せることが出来れば、ものすごく画期的なものになったり、今までにない感動的なエクスペリエンスを与えられるのではないかと。

デザイン関連とマーケティング関連の、1年以上前のメモを発掘したので、まとめてブログに投稿。まずはデザインから。

(囲われてる文字がメモの内容で、その下が軽い説明)

ユーザエクスペリエンスにおける違和感の排除

去年(一昨年?)くらいからユーザエクスペリエンスって言葉が流行ってますがこれは、単純に何かを体験させるだけではいけない、というのは当然で、ワクワクさせたりちょっとした感動を与えることで、ユーザに何らかの充実感を持ってもらう、といったことだと認識しています。

しかし、更に言うと、ただ感動させるだけ、充実感を与えるだけでもいけないな、というメモです。
体験が機能(目的・結果)に直結していなければならない。でないとユーザは違和感を覚えざるを得ず、結局は離脱する確率が高まってしまう、ということです。

iPhoneのUIが病み付きになる理由はそこにあると思っています。
楽しげな操作感と爽快なエフェクトが機能に繋がっているから、飽きずに使ってしまう。そして、操作が楽、簡単だと錯覚してしまう。

感覚によらないデザインフロー(普遍的なデザインの確立)

感覚に頼ったデザインでは、自分と同じような性質のユーザにしか納得してもらえない、という当たり前なことを書いたメモ。

「自分は客観的に見れるから」という人が多くいますが、これは間違いで、主観による客観視には必ず限界があります。
世界には様々な環境で育ち、様々な環境で生活している多種多様な人々がいます。いくらターゲットを絞っていても、それらの環境による心理を全てトレースすることなんて出来るわけがないし、きっと同じような環境下であっても、テストを行うとかなり違った結果が得られるのではないでしょうか。
デザインやマーケティングに関して「客観的に見れる」という言葉ほど信用できないものはありません。

そこで何が必要か、自分の感覚ではない部分で評価を行えるフローを取り入れることです。

目的別に基準を設け、それに沿って機械的に評価できる内容が理想的です。
基準を考えるところでかなりつまづきそうですが、細かく評価の目的を決めるとやりやすいと思います。

良い例がユーザビリティテスト。テスト自体を売り物にしている企業がいくつかあるように、「使いやすさ」の評価に絞り、更に細かく項目を分類することで基準を設けることが可能になっています。

更にその評価基準を見ていくことで、「これはこういう意味があり、こういう効果がある」といった法則、つまり普遍的なデザインを作り出していけるのではないかと。

Webデザインに関する自分メモまとめ2

1