タグ「住宅」が付けられているもの

住宅の購入と賃貸の話

少し前に話題になったようななってないような、家を買いたい人には常に話題なあの話。

戸建てかマンションか、購入か賃貸か、ローンは損か。

戸建てかマンションかはとりあえず置いといて。ローンも金で金を借りるんだから損に決まってるとして、購入するのと賃貸するのでどちらが良いのか。

相変わらず個人的な見解ではありますが、金額だけで見ると、ローンを組んで(つまり借金をして)買う方が損なのは明らか。今全額を払えないから、将来的に稼ぐであろう金額を借りて、家を購入、ローンを返済していく。そもそも「今払えないから」という点と、「お金を借りて」という点をしっかり見ていない人が多い。

賃貸の場合は、その時払える家賃を払いながら家を借りる。ここで重要なのは、借りるのが家だということ。つまり通常のシンプルな商業活動に乗っ取った行為。家を借りる代わりに家賃を支払うのだから、物件自体に(物理的もしくは社会的な)問題がなければ、価値観としては同等。等価交換ということになる。

ローンを組んで購入する場合、今払えないということは、本来自分が買えるものではないということであり、最大35年の返済プランでお金を借りると言うことは、莫大な利子(手数料)を支払うということ。
逆に言うと、本来買えないものを購入(したことに)でき、35年もかかるはずのお金を用意できると言うこと。このメリットを考えずに、単純に最終的な金額だけで見ると馬鹿を見るのではないか。このメリットを享受するために、最終的に支払う金額を大幅に増やすわけなんだから、一見すると損なのは当たり前。

そしてこの問題で見落としがちなのが「物件の内容」。皆お金のことばかりで内容の比較がほとんどない場合が多い。それじゃ根本的に比較になんてならないよね。

全く同じ内容で分譲と賃貸の両方がある場合なんてほとんどないわけだから、ある程度の条件か感覚での比較になってしまう。条件ごとに点数や金額換算の数字を設けておけば筋は通るだろうけど、それも人によって基準が変わるし難しい。
賃貸は金銭だけの支出は少なく済むかもしれないけど、内容は納得しきれないものが多かったりするし、購入する場合はローンを組んでの支出は大きくなるけど、内容は良いものが多い。

そこで私が言いたいのは、どっちがお得かではなく、購入も賃貸も含めた上で、どの物件が1番納得できるか・満足できるかで考えるべきではないかと。方法ではなく商品、つまり物件単位で比較すべき。
物件の内容と支払い額をフラットに見て比較し、1番良いものを選ぶ。それだけ。いくつかの計算は必要だけど簡単にできること。

1