タグ「経営者」が付けられているもの

雑感

最近、自称パワーブロガーが増えていて、その人たちのネット上での主張が徐々に強くなってきてる気がする。一人一人は大したことないんだけど、群れてなかなか鬱陶しくなりそうな・・・。

自分が不快感を覚える自称パワーブロガー(自称コンサル含む)の特徴

  • SNSやTwitter等他人に影響するところでガツガツ主張する。
  • ブログの記事は中身が薄く、無意味な改行や引っ張る言葉が多い。
  • ヘッダ(タイトルやブログの説明が入っている部分)がしょぼいor胡散臭い。
  • 画面の大半をアフィリエイトリンクが占めている。
  • 情報発信というより、低レベルな主張や宣伝が多い。
  • ○○で有名な○○さんと会ってきました!
  • 知り合いでもない著名人の名前を利用する。

これらの中の2つ以上が当てはまるようなサイト(人)を見ると、ほぼ瞬間的に「うわっ」とウィンドウを閉じる。
というか、サイトが見づらすぎて記事を全く読む気になれない。何を目指してるんだろう。


Twitterで、自分からフォローして、相手にフォローしてもらえなかったからと言ってフォローを外す人ってなんなんだろう。その人の発言が気になるからフォローしたんじゃないのかな?
特に内容を気にせずフォローするだけして、自分のフォロワー数を増やしたいだけなんだろうか。

日本のマイナーなTwitter関連サービスってほとんどデザインがしょぼい。それだけで避ける人も多くいそうだが・・・。本気じゃないのかもしれないけど、集客のためにはデザインもある程度やらないと、って考えるべき。


mixiアプリ、アクティブ数万程度でも結構良い感じに稼げそうだなぁ。スタッフ1~2名くらいなら。
iPhoneアプリとかもそうだけど、無名な開発者や企業が、名を上げたりある程度稼げたりする機会がかなり増えてきてる。である程度稼いでる感じの企業が無数に生まれ、色々おかしなことになりそうな気もするけど、収拾がついて良い相乗効果が出ることを期待。
本来、経営者ばっかり増えても意味ないんだけどね。

その無数の企業をまとめられるくらいの、人を惹きつける経営者が出てきたら面白いだろうな。
今出てきてる中には、肉食系のIT企業に拒否反応を示す人もかなり多いみたいだから、サイバーエージェントだとか楽天、Yahooなんかは無理だろう。


最近ライブドアが気になってる。色んな意味で。

1