タグ「自動車」が付けられているもの

最高峰

コンシューマ市場における、表現の最高峰は「映画」、プロダクト(製造)の最高峰は「自動車」、だと前提すると、コミュニケーションの最高峰、情報処理の最高峰は?

思い浮かぶ物が多すぎる。

(ネットはインフラなので映画・自動車で言う映画館や道路等)

ブログやSNS、検索サービスといったサービスの種別があげられるが、それが最高峰かというと答えは否。

この最高峰に向かい、そこから生まれる副産物を発展させる流れが今のサービスにはあるのかもしれない。

豊田トヨタ社長、味の分かる「オーナーシェフ」になりたい

日本一の企業の社長がなかなか若い発言をしてる。おもしろい。

自動車業界に限ったことじゃないけど、ハードウェア・ソフトウェア(この分け方ももう古いか)に関わらず、根本的な何かを変えたがってる(根の部分が変わりたがってる)気がする。

ある程度中長期的に見てれば色々変化してくるんだろうけど、変化の仕方も十人十色みたいな感じになるんだろう。混沌とした感じに。
その中で何かがぶつかり合ってイノベーションに繋がっていくんだろう。といっても、今までもそうだったんだから大した発言ではないか。

ただ、トヨタみたいなところは、それぞれががんばって変化して見つけた先のものを、自分とこでも飲み込んでいくような手段をとるんだろうな。もちろん自分自身も新しいものは生み出していくと思うけど。

旧ライブドアとかサイバーエージェントのようなIT関連企業にありがちな、飲み込みっぱなし(飲み込んだものをモノにできずそのまま)みたいなずさんな状態にはしないと思うから安心はできる。

飲み込まれる前に(技術や形式を大企業に目をつけられる前に)、くっついていって力をつけ、気がついたら大企業にとって危険な状況になってた、みたいな流れもおもしろい。

1