タグ「Webサービス」が付けられているもの

情報の圧縮と拡散

世の中の情報は圧縮と拡散を繰り返している。同様に、Webにおけるサービスも圧縮と拡散を繰り返している。

世に生まれ落ちた無数の情報は、何かによって集められ、フィルタリングされ、整理させる。ここではこれを圧縮と呼ぶ。
圧縮された情報は、更に別の情報が付加され、人によって広められ、変化していく。同様にこれを拡散と呼ぶ。

何かに利用されながら、この2つの過程を繰り返し続ける。収束はない。

Webサービスも、様々な機能や表現、活用法が生まれ、それらが集められ、目的に沿ってフィルタリングされ、整理されたものが、またサービスとして生まれる。つまり圧縮。
そして圧縮されたサービスや、そこから生まれた別の機能や表現が、人によって広められ、変化していく。つまり拡散。

Webの黎明期から少し前までは、それを何度か繰り返すようなトレンドの流れだった。
現在では、トレンドにおいても、同時に無数の圧縮と拡散が繰り返されている。

マーケティングの視点では、拡散に合わせてレールを敷いてやることで、効率的な活動が行える。
経営的な視点では、2つの工程を整備し、包括的に管理できるようにすることで、効率的な活動が行える。

ただ注意しなければならないのは、圧縮は機械的に行える場合も多いが、拡散はほとんどが人の手によるものだと言うこと。
例えば圧縮の場合、収集・フィルタリング・整理のそれぞれを機械的に行える場合もあれば、人の手が必要な場合もあり、半々程度。
拡散の場合、情報の付加・変化は全て人の手によるもので、広めるという行為のみ機械的に行える場合がある。
そして場合によりできることとできないことが変化する。

これらを見誤ることなく、シンプルに流れをつかむことが重要。

マーケティングに関して、これも1年以上前のメモに書いてあったもの。
説明を書くと色々まずい部分もあるので、割愛。

需要はコアからマスへさかのぼり、マスに対するリコメンドで創出が可能。
創出した需要に対するマーケティングは逆に、マスからニッチへ絞りながら、シンプルな構造で出来るだけ幅広くカバーできるプランを探す。

そば屋→自家製手打ち麺→売上げが上がらない→めん自体がダメ?客層が合わない?・・・etc
外食の場合、その時々で店を自由に選べる→入店~会計までの流れが決まっているから安心→少しの差で明暗
Webは多少難があっても、一度慣れてしまうと変えづらい→流れが確立されていないものが多い(新しい機能が増えたり変化したりという面も)→セオリーを見つける・作るか、プロモーション次第

人は真実を知りたがっている。

ごめんなさいよりありがとうを言う方が喜ばれる。


IBM PC~ :オープンスタンダード(ハード)
 ↓
Web,Web2.0~ :オープンソース(ソフト、コンテンツ)CGM
 ↓
サービス、エクスペリエンス、クリエイティブがオープンに

扱う人の規模が広がっている。
DB資産の蓄積。


以下サービス案(一部)

動的なディスプレイ(画面)で宣伝
トレーニングアドバイス
話の合う人を探してる→日記やコラムを匿名で流し、合いそうな人にコンタクトを取る
就活カレンダー
mixiのイベント情報を地図に表示
企画アリナシ判断
エココンサル
植林代行
好きなメーカ・ブランドの情報を勝手に収集→整理して表示
貸会議室は高いので、ミーティングスペースとして安く使える場所の紹介
同業DB(特定ジャンルの業者を集め、詳細に紹介する→業者同士・業者と客の交流機能)

1