タグ「web」が付けられているもの

まず前提として、デザインとはなんなのかというところがあるんですが、そこは今回細かく考えずに、広義のデザインとだけ決めておきます。


自説ですが、情報とデザインの関係とは
情報ありきのデザインでもなく、デザインありきの情報でもない、一体のものであり、その塊を、例えばWebという入れ物に詰める作業がクリエイティブではないかと。

デジタルのプロダクトもリアルのプロダクトも要素を紐解いてみると、実は非常に似た部分があったり、比べることで色んなことに気づいたりするのですが

例えばボールペン
ボールペンにおける情報とは、まずインク、ガワ
これらに何を使っていてどういう良さがあってどう使いやすいのか、といった部分
デザインとは、素材・形・仕組み
何を使っていて、どういう良さがあってどう使いやすいのか

今の説明で分かったかと思いますが、実は部品か性質か、と視点が違うだけで中身は同じなんです。
Webでもそれは言えることで、情報とデザインの境界は曖昧になってきています。というより、デザイン自体も情報そのものに含まれると言えるかもしれません。

一般的には、情報(コンテンツ)があってそれを乗せるデザインがある、という認識だと思いますが、実はそうではなくて、本来、情報とデザインは分離すべきではないんじゃないか、と。

そもそもWebにおいて、デザインのない情報がユーザに対してどれだけ力を持っているか、大いに疑問で、情報のみを見た場合は、その情報に価値はあるのかもしれないですが
ユーザに対する力の大きさを見た場合、ほとんどのものは非常に非力に感じます。

それに加え、情報やデザインだけでなく、サイトやサービスも色んなものと因果関係・相互関係を持っており、単体では語れないものがほとんどです。

何かの要素が、そのもの単体で成り立つことはほぼなく、他の要素があって初めて存在意義を得られます。
ボールペンにとっては、ノートのようないわゆる紙が必要です。書く道具と書く対象があって初めて筆記が成り立ちます。

1つだけに絞ってしまったり、周辺を考慮せずに進めてしまうことは避けなければなりません。
ものを作ると言うことは、周辺の様々なことを知り、周辺のものと一体であるという前提のもと進めるべきであると思います。
周辺の条件を考えずに作るという行動は
紙がどういうものか、人の手がどういうものか全く調べずにボールペンを作ることと同義です。

以上の他にも、Web以外のものから学べることは沢山あり、そういったところから、Webや作り手のあり方が見えてくるかもしれません。

デバイス

デバイスの多様化、もしくはディスプレイの多様化が叫ばれて久しいですが、それらのデバイスで何をするのか、というのは1つしかなく「情報を表示すること」であり、デバイスの種類がいくら増えたり変化していっても「情報を表示する」という目的自体は変わりません。
つまり、情報を伝達・表示するための技術であるWebやネットは、これからもずっと変わらず繁栄し続けると考えられます。

「情報を表示する」ことを突き詰めると、デバイスの違いはあまり問題ではなく、コンテンツがどういうものかという問題が差別化の1番大きな要因になります。

例えば「広告枠を売る」「なんらかのデバイスを使って集客をはかる」といったデバイスありきの企画と別に、何か優良なコンテンツがあって「そのコンテンツをこう生かす」もしくは「そのコンテンツでこういう届け方をする」といったコンテンツありきの企画が絶対に必要です。

これを言い換えると「Webで集客をする」「Webでものを売る」ではなく、重要なコンテンツや製品を提供する「手段としてWebが良さそうだ」「Webとの組み合わせでより効率の良い提供の仕方ができる」という視点です。

この考え方を前提とすると
情報産業は、コンテンツメイク、プロデュース(企画・編集といった部分)、デバイスサプライや露出、の大きく3つに分類されます。

Webやコンテンツビジネスの世界には「マルチソース・ワンビュー」や「ワンソース・マルチユース」という考え方がありますが、さっき言った前提と、この2者を踏まえた上で、Web屋として用意すべき体制は、マルチソース・ワンマネジメント・マルチビュー(マルチユース)ではないかと思います。

様々な情報を、色んなタイミングで収集し
一括で管理・整理
様々なデバイスやニーズに合った情報を用意しておき、そこから最良の形や手段を選択し提案するという流れ。

大きなストリームとしてみると1つの流れだけど、形や表現方法・提供方法は1つじゃなく、必要なものをいくつか選択
もしくは全部を使う。
という形が近い将来、デバイスの面から見たWeb屋の1つの答えになるのではないかと思います。

これを書いて良いのか分からないけど。

Webはもっともっとカジュアルに。

より簡単に、よりシンプルに、より気軽に、という流れの中で、機能性や沢山の機能が求められていく。これは矛盾や葛藤でありながら、実はダブルスタンダードでもなく、正統進化として1つの姿を形成していく。
「1つのフォーム(入力)で様々な機能へ繋がる」「様々な情報が一括で管理され、取り出したいときに取り出したい分だけ、見たい切り口や表現で見れる」というようなことが容易に想像できる。
今の技術だけでも十分可能だが、検索技術・自然言語処理技術・ネットワーク(クラウド)等の進歩により、どんどん効率的な開発が可能になる。

情報が生活に溶け込む。

端末も利用シーンや媒体も、バラエティに富んだものが出てきて、どんどん広がっていく。
今までWebを使うなんて思っていなかったもの、例えば時計・標識・クローゼット。今まで無駄にしていたスペースや時間、例えばTVの電源OFF時・一面に広がる壁や天井・いすの背もたれ。生活の様々な部分にWebが浸透し、道具としてではなく生活そのものに溶け込んでいく。
色んな意味でのマルチプラットフォームという考えを前提にしないといけない。

サービスとしては、今年に続きソーシャル、さらに位置情報、拡張現実(AR)、動画に加え
音声処理、行動分析とライフログ、マルチソース・ワンマネジメント・マルチビュー、リアルとの高レベルでの連携、この辺りが注目かなと。

今更だけどあえて、ソーシャルサービスはこれからのWebのベースになる。

Webの中身は、「人に関するもの」と「技術や科学的なもの」の2つに大分できると思う。大きなものはやはり人に関することで、企業や店、地域も人に関する情報だし、技術も大元は人になる。
企業や店の情報、範囲が被りながら地域の情報があり、それを覆うようにそれぞれの人の情報が占める。これを考えるとソーシャルのサービスが広まり、ベースになることは必然であり順当な流れだと考えられる。そして、必ず末端は人であり、人と人の間には必ず言葉が介在する。
この辺りから、上記のワードが浮かんでくる。

1番のキーワードは「人」これはいつの時代も変わらない。

デザイン的には

来年流行る色は「白系」と予想。あと茶色。
ファッション面だとゴールドっぽい茶色と薄くて自然っぽい色が良い気がする。ビジネスシーンだと上記の茶色かシルバーっぽい白とオレンジが好み。
原色は相変わらず、ポイントで使われる。エコ的な流れもまだ続く。

Webデザインで言えば「空間」が重要。
例えば「スペース」「雰囲気」「大きさ」これらが線や色以上にシビアに見られるようになる。
あと、画面だからと平面で考えると痛い目を見る。

コクヨのノートカバー良い感じです。2冊入れられて便利なポケットがついてる。

最高峰

コンシューマ市場における、表現の最高峰は「映画」、プロダクト(製造)の最高峰は「自動車」、だと前提すると、コミュニケーションの最高峰、情報処理の最高峰は?

思い浮かぶ物が多すぎる。

(ネットはインフラなので映画・自動車で言う映画館や道路等)

ブログやSNS、検索サービスといったサービスの種別があげられるが、それが最高峰かというと答えは否。

この最高峰に向かい、そこから生まれる副産物を発展させる流れが今のサービスにはあるのかもしれない。

先日友人と話していて、同じWebやIT関連の人と会うとかなりの確率で「最近面白いWebサービスない?」って聞かれるよね、と言う話題になったので、何があるかなと少し考えてみた。
実際に聞かれたときは、面倒なので流行ってるものを適当に返答してしまいますが・・・。

採用面接等でも聞かれることがあると思いますので、少しは参考になるかもしれません。

Life-X

生活する上で、デジタル上に発生する様々なデータを一人一人のライフログとして収集・整理し、公開・共有できるサービス。

昨今、ライフログという言葉をよく耳にしますが、様々なWebサービスを利用して残るデータをライフログとして一括管理できるというのは、見せ方によっては素晴らしいサービスになりそう。
今でも、オープン系をメインに他サービスのデータを収集できるようになっていますが、よりいっそうの連携に期待したい。

ライフログに関して、大きく2つのアプローチがあり、ソフト側とハード側として分けられます。携帯電話に例えると、キャリアのアプローチとCP(コンテンツプロバイダ)のアプローチ。
・キャリアの場合、携帯電話からアクション1つ1つのデータを取得し、「サービスやマーケティングに生かそう」という目的からスタート。
・サービス(ソフト)側の場合、Life-Xのように「ユーザが能動的に保存するデータを出来事ごとや日ごとに整理しよう」という目的からスタート。
といった根本的な違いがあります。

そしてこの2つは非常に相性が良く、統合が容易であるということ。更に、保存・整理するだけでなく、発信へ向けた応用も現在普及している技術で十二分に可能であると言うこと。それを想像するとかなり面白い。

Googleマップ

Google関連は有名なものが多いので、今更取り上げない方が良いのでは、ということも考えたりしますが、少し踏み込んだ形で面白さを説明してみます。

直感的な操作性や検索による地点特定の容易さもさることながら、ルート・乗換案内や店舗情報、ストリートビューなど、地図を基点とした様々なアプローチがGoogleらしくて良い。

つまり便利ということなんですが、「地図を基点とした様々なアプローチ」が肝でして。
情報を地図から展開するというのは、Webの特性を最大限に生かせる資質を持っていると考えています。この辺の詳しい話は長くなるので、また別の機会に。

1つ難点なのは、Googleのサービス全般に言えることなんですが、UIがあまり良くない。というより、良い部分と悪い部分の差がかなり激しい。店舗の情報とか見づらくてしょうがないです。

アイブレーキ

Webでウィンドウショッピングを、というコンセプトのサービス。

完成度はかなり低いですが、手法が面白い。特に買う物が決まっていない時にゆるい感じで見ることができる。今後に期待。
Webを使う際によく見られる「これが欲しい」「これを買うぞ」といった感じのテンションから、大きな変化を期待できるかもしれません。


「最近面白いWebサービスない?」と同じように、「最近面白い会社ない?」「最近面白いデザインのサイトない?」も並んで良く聞かれます。
なんて答えて欲しいんだろう? まず自分から「こんなサイトあるんだけど」って言ってくればいいのにって思います。

Webマーケティングの観点から考える、Webのこれから「情報の整理」前編はこちら

Googleの目指している「世界中の全ての情報を検索できる」ものや、検索において考えうる最上の状態「ワンクリックで真に必要な情報を全て出力してくれる」もの、ユーザにとってより良いサービスを目指すなら、情報の検索・収集において、どんな状況が望ましいのか、どういった形であればユーザが真に必要としている情報を出力しやすいのか、現状で満足せず、今のGoogleやYahooのような形とそうでないもの全てを含め検討してみる必要があります。

明確な解はさすがにまだ出ていませんが、想像しやすいように、現状よりは理想に近づけると言う例をあげてみます。

まず重要な要素として「予測すること」
これは検索だけでなく、どんなサービスにおいても外せないものと言えます。さらには、Web以外にも通じる考えではないかと。

検索において予測することはいくつかの段階に分けられます。

なんとなく「Webのこれから」というテーマで、情報の整理を切り口に考えてみました。

まず初めに思い浮かんだのが、情報が整理されているというのは「情報がカテゴライズと関連付けにより整っている状態」ではなくて「その時その人の必要としている情報が、容易かつ正確に取り出せる状態」なのではないかと。
それを考えると、今のWebは情報が非常に豊富に溢れているけど検索によって一見整理されているように見えているだけで、実は全く整理とはほど遠い状態ですよね。

理想を言うと
検索を意識せず、複数アクションを踏まず、自分でも意識していなかったような深いレベルで必要な情報を提供しつつ、他の可能性も視点ごとに見せてくれる
そんなサービスが出てきたらすごいと思います。少しイメージするのが難しいかもしれませんが、詳細は後述します。

話を戻して、情報の整理をイメージしやすいよう衣類の整理に例えてみましょう。

衣類はタンスや衣装ケースに入れたり、クローゼットのハンガーにかけたりして、その人なりに整理して収納するわけですけど、その整理の仕方を聞いてみると、まず半袖/長袖シャツや上着、パンツ、下着といった種別で分別するのは共通で、その後は色ごとや形ごと、用途ごとといった形で人ぞれぞれ出しやすい、選びやすい分け方があって意外にばらばらなんです。

ではどういう収納方法がより良いと言えるのか。個人的な意見ではありますが例を挙げてみます。

まず場所の制限を考え、種別で分けるまでは同じ。
次に、それぞれの数にもよりますが、大抵の人は用途ごとに分けてしまって良いかと思います。服装を選ぶ際、ほとんどの場合選ぶ目的は決まっているはずなので、用途ごとに別れているとそこを見るだけで良くなります。ただ問題は、ものによっては用途が複数に渡るような、着回しの利くものがあること。その場合、用途と用途の間にしておけばなんとか困ることはなくなります。
これを基本とし、少し工夫するともっと分かりやすくなります。
組み合わせが決まっているものを揃えておくとか、お気に入りの組み合わせと収納位置のメモや写真を見えるところに貼っておくとか、引き出しに中に入っているもののリストや写真を貼っておくとか。
あと使う頻度の高い順に並べると取り出しやすい上に、自分の嗜好がよく分かって便利ですね。

ここまでは、今のWebでも当たり前のように実装されています。
これを情報に置き換えると、まず情報を何段階かでカテゴライズし、必要に応じてその情報を出していく、という感じになります。
必須だと洗脳されているかのように搭載されている検索機能や、ブックマークやタグ付け、あるいはガジェットやiGoogleのようなユーザが能動的に情報を選別する機能をイメージすると分かりやすいですね。

そしてWebの方はもう少し広がりがあって、Googleの「もしかして」Amazonの「この商品を見た人(買った人)が買っているのは」といったものに代表されるリコメンド機能や、CRM的に商品をWebやメールで羅列してくる機能、Web上での遷移を分析して出てくる広告といった、ユーザから収集したデータ統計データを基におすすめや欲しがっていると予想できるものをチェックしておき、タイミングを計って出すものが増えてきています。

これを衣類の整理に置き換えると、自分の好みやプロフィールが記録されていて、統計の中からその人に似合うものやおすすめの組み合わせを表示してくれ、さらにその服がある場所を指示してくれる、といった感じで、非常に便利な気がしてきます。


しかしWebの場合、これだけではもうユーザは満足してくれません。というか、必要な情報よりも遥かに多い無駄な情報のインプットを強いられるのはストレスでしかありません。

ユーザが能動的に入力したデータや統計だけでは、真にユーザの希望に添うことはできないのです。

Webマーケティングの観点から考える、Webのこれから「情報の整理」後編はこちら

1